ルイ坊の日常

日頃あったことを日記として投稿。その他、筋トレやお金、副業の話を書いていきます。

【スポンサーリンク】

新聞にも書かれましたね。「自分で資産形成してください」と。

【スポンサーリンク】

 

こんにちは、ルイ坊です。

 

昨日の北海道新聞の記事に年金だけじゃ生きていけないことを発表しましたね。

 

すでにわかっていたことでしたけど。

 

 

退職後30年生きていくには2000万の資産が必要とのこと。

 

この数字は夫65歳、妻60歳で月に5万円の赤字になるとの計算で算出したようですが、

 

5万円の赤字で済むのか?って疑問が浮き上がってきてしょうがないです。

 

 

老後の生活でどのぐらいかかるというと大体24万必要らしい。

 

www.nomu.com

 

 

年金の支給額は厚生年金15万、国民年金5万で20万。

 

つまり生活費24万円に対して年金20万だから-4万円の赤字。

 

 

今の時代で年金だけで暮らしていけないのに

 

僕たち20代、30代の人が60歳、70歳になった時はどうなってんだって話です。

 

 

wezz-y.com

 

上記の記事のファイナンシャルプランナーの方は

 

4000万以上の資産を退職する前までに作らないといけないと話しています。

 

僕も非常に同感。

 

 

これから年金は下がるのはわかっている、それなのに税金は上がる。

 

この先、収入が増える見込みがほぼない状態なのに、

 

僕の職場で投資や副業で資産運用してる人が1割もいなくて

 

将来について危機感を持ってない人が多すぎる。

 

 

 

お金の話になるとガメツイ奴というレッテルを貼って拒否りだすし、

 

そういう人ほど貯金もしてなくて飲みまくったり、女遊びばかり、浪費することばかりに目が行ってる。

 

もちろん貯金は雀の涙。

 

やばいと思ってもお金の増やし方を自分から知ろうともしない。

 

ただ、給料上げろと会社に訴えるだけ。やってる仕事はいつもと変わってないのに。

 

わがままもいいところです。

 

 

と偉そうに言ってる自分も3年ほど前までは全く将来について考えてなかったんですけどね。

 

今さえよければいいって生活していた。

 

どうにかなるしょ。って。

 

 

けど、結婚してから意識は変わりました。

 

自分だけの話じゃ済まされないので。

 

 

昔の自分が全く考えられない人間だったから、まだ準備していない人には重要性に気づいて欲しいと思います。

 

会社自体が副業禁止だとしても収入を発生させずに影響力を自分につけておいて、

 

なにかあった時にいつでもマネタイズできるようにしておくとか。

 

少額で投資経験を若いうちに経験しておくとか。

 

なんでもいいから何か将来に備えておくことはめっちゃ大事だと思います。

 

 

貯金だけでも若い時から始めておくほど後が楽になる。

 

そんなのわかってるって思う人が大半ですけど、

 

具体的にどのぐらい楽になるかわかっているでしょうか?

 

 

30年で3000万円を貯めようと思った時に

 

今から始めれば毎月8万3千円の積み立てていればいけるけど

 

10年遅いと毎月12万5千円必要になる。約4万円多く貯金しないといけない。

 

 

今が30代で結婚していて子供がいたらこれから教育などでお金がかかり、

 

そして、家を持ってる人は段々修繕費が必要になってきますよね。

 

年齢を重ねるごとに出費は大きくなる一方。

 

 

だから、まだ出費が大きくなる前に備えるんです。

 

貯金だけじゃ限界があるんです。

 

 

このような話をすると「まじか、やばいな」「やらなきゃな」って人がいるんですけど、そう思っただけで行動に移さないで終わる人が大半。

 

人間は本当にやばいって身体で感じないと動けないという怠け者です。

 

でも、そんな人間でも

 

最悪な事態を頭の中で想像しまくれば無理矢理行動に移せます。

 

僕はこの方法をよく使います。

 

 

何事も早いにこしたことはありません。

 

僕はこの5年間で将来困らないまでの資産構築を済ませることを目標にしています。

 

だから、副業もするし投資もする。

 

わからなければ勉強するし、リスクをとってお金を増やす感覚を身につける。

 

こういったことが今後の時代で必須になります。

 

 

なんも準備できていないという方でも

 

お金の重要性に気づけたのだから、あなたはラッキーです。

 

 

今この時があなたが一番若い時です。行動に移しましょう。

 

それでは、今日の話を終わります。

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

【スポンサーリンク】